ロックフィッシュを釣る

アウトドア好きなアラフォーオヤジの 「遊び」 備忘録



渓流、山菜、登山必携!

menu rist







全タイトルを表示

HOME

presenter

DANJI

Author:DANJI
北海道 登別市在住

撮影機材歴
◆Nikkon COOLPIX E3100
(~H22.5)
◆RICHO Caplio R5
(~H21.12)
◆auW42K
(ブログ開設当初に使用)
◆auW53CA(EXILIM)
(~H23.11)
◆Canon EOS X3
(H21.12~)
◆PENTAX Optio H90
(H22.6~H24.7)
◆iPhone4s
(H23.11~)
◆RICOH GR DIGITALⅢ
(H24.8~)
◆iPhone6
(H26.9~)




タックル
◆メジャークラフト エアライツ AL-782PE
(2008/5~)
◆ダイワ インフィート VR-72ML
(2006/10~)
◆テンリュウ ロックアイ RE83SP-M
(2006/10~2010/12)
◆ダイコー スピア SR-74C
(2007/11~2010/12)
◆オフト ヒロイズム ピッチング/Hテキサス67B MH
(2010/4~)
◆ダイワ Cy2500
(2006/10~2008/4)
◆ダイワ レブロス2506
(2008/4~2010/4)
◆シマノ ナスキー2500S
(2010/4~)
◆シマノ ツインパワー2000
(1997頃~)
◆アブガルシア revoインショア
(2007/11~)

ライン
◆ファイヤーライン スモーク 18lb
◆ファイヤーライン クリスタル 16lb
◆サンラインベーシックフロロ 10lb
◆TORAYバウオスーパープレミアム 14lb
◆クレハ リバージR-18リミテッド 8lb

愛用ノット
◆PRノット

愛用リグ
◆ナツメ3/4/5号のテキサスリグ
◆ジグヘッド1.8/3.5/5/7g

愛用フック
◆FINA ナローゲイプ#1/0
◆FINA ワイドゲイプ#1/0
◆DECOY kgHOOK #2
◆DECOY DREAMHOOK #2


◆お問い合わせはこちらから

アクセスマップ


ジオターゲティング

TOTAL ACCESS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同僚とたまたま休みが合い、前々日から山行計画を立てる。
前日の降水確率が80%となっていると報告があるも、行く気満々なので全く気にしてなかった。

当日晴れ!

予定時刻に集合し、カムイヌプリ登山口へGO! 早速支度して登り始める。
同僚のペースはいつも通り遅めだが、まさかバテてるとは・・・

僅か40分くらい歩いた所、ちょうどカムイヒュッテでリタイヤ宣言?!
だがムリをして登ることを薦める(爆)
縦走は出来なくても、山頂を踏むことを目標とした。 ぶっちゃけすごく残念に思った。。

さてそれからの同僚はどうしたものか、魂が入ったように生き生きと登り始めペースも上がり1時間30分でカムイヌプリを登頂した。
私はこれで今日はおしまいだと思っていたが、復活した!とヤル気を取り戻したため、小休憩のあと縦走路へ!

さあ初めての縦走はどんなもんかね。楽しみだ~♪

初めのうちは「西尾根コースに似てるね」なんて楽しく浮かれていたが、コースが細くなり高度を下げるに従い状況がシビアに!
「これじゃけものみちじゃねーか」


このような縦走路はどんどん高度を下げ、タイム的にはヌプリ下山タイムと同じような感じになった。
「ヤバイなこれ。。帰りツライよね・・(汗)」

マジで帰ろうかと思った。

いや、1人なら間違いなく帰ってるね。

同僚の体力をみながら、あわよくば室蘭岳頂上を踏みたくてとりあえず前進した。
RIMG0002_20090909215825.jpg

そこにやっと分岐の看板が出現し少しホッとする。

ここで引き返すことも考えたが、同僚は行けるとのことで更に前進。

しかし間もなく現れる室蘭岳の登山道に目をまん丸くした。

だって、ほぼ直登なんだもん(爆)
RIMG0008_20090909215825.jpg

丘を登りきって山頂付近が見えるが更に直登!(爆)
ここはヌプリから見える地点だ。
RIMG0014_20090909215825.jpg

晴天の景色を満喫しながら、最後の急登を登り詰め・・
RIMG0017_20090909215824.jpg

ここまで来たら頂上はすぐそこ。
RIMG0020_20090909215824.jpg

最高の眺めに疲れもも吹っ飛ぶ・・かな
RIMG0022_20090909215847.jpg
RIMG0026_20090909215846.jpg

ヌプリ登山口→ヌプリ山頂 1時間30分
ヌプリ山頂→室蘭岳山頂 2時間

さて時間は13時30分
頂上で昼飯を食べ、コーヒーを沸かして一息入れる。これがまた楽しみなのだが、あんまり長くも居られない時間なので、30分後の14時に出発だ。

ヌプリ頂上までの目標タイムは1時間30分だが、同僚の体力だけが心配だったので声をかけ、気を遣いつつペース良く下山。縦走路登りは思ったよりはキツくなくて良いペースで登れた。
“けものみち”を登りきり、“西尾根コースみたいな”所に出てホッとする。

着いたー!\(^O^)/

タイムはなんと1時間30分。
目標タイムで来れるなんて思わなかったので、同僚のガンバリに感謝!

でもこれでゴールではない。これからヌプリを下山するのだ。
1人なら45~50分で下りるが、どうかな?1時間くらいかな。
同僚も体力の限界が近づいている様子なのでゆっくりペースで下りることに。

同僚の1.7リットルの水分が底着いた様子で「ヌプリの泉」で水分確保。
私はコーヒー含め僅か700cc程しか摂取してないが・・

やっとゴールです。 実に7時間かかりました(汗)

今回はコースタイムを把握せず縦走なんてあり得ない大失態。ヘタすりゃ遭難っす(爆)
1人ならまだしも、同僚も道連れにしてたかも・・と考えると・・(汗)

こんな事やってるようじゃダメだ~。

達成感と爽快感の裏で、疲労感と「反省」の二文字が頭から離れない。

いい教訓になったかも。。



にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。