ロックフィッシュを釣る

アウトドア好きなアラフォーオヤジの 「遊び」 備忘録



渓流、山菜、登山必携!

menu rist







全タイトルを表示

HOME

presenter

DANJI

Author:DANJI
北海道 登別市在住

撮影機材歴
◆Nikkon COOLPIX E3100
(~H22.5)
◆RICHO Caplio R5
(~H21.12)
◆auW42K
(ブログ開設当初に使用)
◆auW53CA(EXILIM)
(~H23.11)
◆Canon EOS X3
(H21.12~)
◆PENTAX Optio H90
(H22.6~H24.7)
◆iPhone4s
(H23.11~)
◆RICOH GR DIGITALⅢ
(H24.8~)
◆iPhone6
(H26.9~)




タックル
◆メジャークラフト エアライツ AL-782PE
(2008/5~)
◆ダイワ インフィート VR-72ML
(2006/10~)
◆テンリュウ ロックアイ RE83SP-M
(2006/10~2010/12)
◆ダイコー スピア SR-74C
(2007/11~2010/12)
◆オフト ヒロイズム ピッチング/Hテキサス67B MH
(2010/4~)
◆ダイワ Cy2500
(2006/10~2008/4)
◆ダイワ レブロス2506
(2008/4~2010/4)
◆シマノ ナスキー2500S
(2010/4~)
◆シマノ ツインパワー2000
(1997頃~)
◆アブガルシア revoインショア
(2007/11~)

ライン
◆ファイヤーライン スモーク 18lb
◆ファイヤーライン クリスタル 16lb
◆サンラインベーシックフロロ 10lb
◆TORAYバウオスーパープレミアム 14lb
◆クレハ リバージR-18リミテッド 8lb

愛用ノット
◆PRノット

愛用リグ
◆ナツメ3/4/5号のテキサスリグ
◆ジグヘッド1.8/3.5/5/7g

愛用フック
◆FINA ナローゲイプ#1/0
◆FINA ワイドゲイプ#1/0
◆DECOY kgHOOK #2
◆DECOY DREAMHOOK #2


◆お問い合わせはこちらから

アクセスマップ


ジオターゲティング

TOTAL ACCESS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 釣行記 ~09/5/22 雨天決行!噴火湾ランガン~

週間天気予報とにらめっこの日々。予定では相方と二人で日本海でオールやる筈だったが、急に仕事入ったのでやむなく近場を選択。
コンディションは結局ウエットらしいが、予てより楽しみにしていた釣行だけに決行することにした。
気温が高いので、小雨程度ならレインウエアで凌げるだろう。

目指すは噴火湾。予報では室蘭より天気がいい。

昼過ぎに出発して現地に到着。中潮の満潮、微風、小雨混じりといった感じで、釣りには何ら影響はないものだった。
先ず立ち寄ったA漁港では動きのゆっくりな引き潮に苦戦。バイトすら得ることが出来なかった。
続いてB漁港ではバイトが多発するものの、魚の活性という意味では顕著であったが、姿を拝む事は出来なかった。かろうじてエサ釣り師が、穴の中の抱卵ガヤを釣ってたのを見させてもらった。
下見程度に立ち寄ったC漁港は雰囲気はあるものの、相方が過去に釣れた例しがないという理由からスルー。
そして最後に、本命のD漁港である。風速8m/sでも小雨なので決行。
早々に相方に43cmのアブラコが掛かる。
スピニングタックルに、3.5gオフセットフック仕様のジグヘッド。ラインはファイヤー1.5号、リーダーはフロロ10lb。一応ベイトは持参したが、今日はこれで行こうと思った。
スイミングには反応がなくパッとしないため、ボトムネチネチメソッドとした。
そしたら次々にヒットし出して3キャッチ、3フックオフ。MAX40UPでタックルは余裕のポテンシャルを見せた。
このジグヘッドは根掛かり回避率も高く、終了を決めた19時過ぎまでノンロストで通した。

マゾイやシマゾイの姿を拝んでから帰ろうと思ったが、キャップライトを忘れたのと、雨量が限界を示した為GAMEOVER。相方は空腹も伴ったらしい(笑)



今日もポチっとお願いしますっ!!  にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ




【雨の日の格好は?】

こんな日の釣行で役に立ったアイテムは、やはりレインウエアとネオプレーングローブだ。
防水・透湿性のある3レイヤーは軽くて防風性もあり、レイヤー次第で年中使用可能で、これ一着あれば無敵状態だ。GORE-TEXなら最強。
ネオプレーングローブは防寒性能抜群で、冬でも使用可能な程。その分ムレを感じるが、速乾性があるので発汗してから次々と乾燥していくのでイヤミなほどにはムレず、快適に釣りをすることが出来る。

ウエットコンディションでテトラファイトを楽しみたいのなら、ブーティーはソールが柔らかい薄手のモノを選びたい。接地面積が広くなるのでグリップが良くなるし、安定感も出てくる。
何よりスパイクブーティーには敵わないか。

危険と隣り合わせだから、ライフジャケットは必ず着用のこと。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。