ロックフィッシュを釣る

アウトドア好きなアラフォーオヤジの 「遊び」 備忘録



渓流、山菜、登山必携!

menu rist







全タイトルを表示

HOME

presenter

DANJI

Author:DANJI
北海道 登別市在住

撮影機材歴
◆Nikkon COOLPIX E3100
(~H22.5)
◆RICHO Caplio R5
(~H21.12)
◆auW42K
(ブログ開設当初に使用)
◆auW53CA(EXILIM)
(~H23.11)
◆Canon EOS X3
(H21.12~)
◆PENTAX Optio H90
(H22.6~H24.7)
◆iPhone4s
(H23.11~)
◆RICOH GR DIGITALⅢ
(H24.8~)
◆iPhone6
(H26.9~)




タックル
◆メジャークラフト エアライツ AL-782PE
(2008/5~)
◆ダイワ インフィート VR-72ML
(2006/10~)
◆テンリュウ ロックアイ RE83SP-M
(2006/10~2010/12)
◆ダイコー スピア SR-74C
(2007/11~2010/12)
◆オフト ヒロイズム ピッチング/Hテキサス67B MH
(2010/4~)
◆ダイワ Cy2500
(2006/10~2008/4)
◆ダイワ レブロス2506
(2008/4~2010/4)
◆シマノ ナスキー2500S
(2010/4~)
◆シマノ ツインパワー2000
(1997頃~)
◆アブガルシア revoインショア
(2007/11~)

ライン
◆ファイヤーライン スモーク 18lb
◆ファイヤーライン クリスタル 16lb
◆サンラインベーシックフロロ 10lb
◆TORAYバウオスーパープレミアム 14lb
◆クレハ リバージR-18リミテッド 8lb

愛用ノット
◆PRノット

愛用リグ
◆ナツメ3/4/5号のテキサスリグ
◆ジグヘッド1.8/3.5/5/7g

愛用フック
◆FINA ナローゲイプ#1/0
◆FINA ワイドゲイプ#1/0
◆DECOY kgHOOK #2
◆DECOY DREAMHOOK #2


◆お問い合わせはこちらから

アクセスマップ


ジオターゲティング

TOTAL ACCESS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛煙家にとってライターは必須のアイテムであり、365日手放すことはないでしょう。
とは言え日常的に使っていると、その存在価値を忘れがちです。
日常で使うなら100円ライターで事足りますが、風と寒さが厳しい非日常的な状況で使用した時、その無力さを実感するでしょう。かと言ってジッポーなら、ターボライターならどんな条件下でも大丈夫だ!なんて事も言えない現実があります。
そのアイテムの仕組みを十分理解し、正しい使い方をすることによってはじめて機能するものです。
ライターの性能を生かすも殺すも使い手次第だということになります。

          STERLING 1994

アウトドアで使用する際、一般的には“ウインドプルーフ”や“ウォータープルーフ”といったアビリティーを持つ“ジッポー”か“ターボガスライター”を選択することになるでしょう。これらは非常に優秀で、その存在価値は計り知れません。しかし、いかに優秀な彼らにも弱点はあります。それは“寒さ”であります。ガスライターは、液体ガスを気化させる事により燃焼させますが、気温が低いと気化しにくくなるため、その性能は著しく低下することになります。ジッポーも同じです。低温ではガス同様、揮発・気化しにくくなるため着火し難くなります。
ではどうしたらいいのでしょうか。
今この寒い時期に携行する際は、アウターのポケットよりインナーのポケットに入れておく。つまり温めるという事が重要になります。

毎日毎日使っていると、ランニングコストを抑えたいと思います。そんな時、ダ○ソーのオイルとフリントを使ってました。
しかしながら、純正オイルと安オイルを比べた時に違いを感じてしまったのでインプレッションすることにしました。


純正オイルでは1回のモーションで着火していた愛用ジッポー。低温でもその性能を遺憾なく発揮していたが、ダ○ソーオイルにしてからは、2回・3回はたまた4回・5回フリント(着火石)を擦らないと着火しなくなり、低温では全くと言っていいほど機能しなくなったのです。
ダ○ソーオイルの原料表示は“石油精製ナフサ”となっている。一方純正オイルは“重質ナフサ”となっている。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べたところ、ダ○ソーオイルは軽質ナフサと思われる。では、軽質ナフサと重質ナフサの違いはなんだろう? 沸点が違うようです。
軽質ナフサでは沸点が35-80℃程度なのに対し、重質ナフサでは80-180℃程度と書いてある。これが何を意味するのかは専門家ではない私には到底理解できませんがね。ライターの性能を著しく左右する事に違いないと思うのであります。
いくら安価でもいざという時使えなければ意味がないんです。1回着火させるのにフリントを何度も擦ってしまうようであれば、フリントの消耗スピードも4~5倍早いということになり、コストも4~5倍かかるということにになります。
並べて言うなら、ダ○ソーのフリントはジッポー純正フリントに比べ、倍量が入ってて価格も約半分ですが、消耗スピードは純正フリントのほぼ倍です(予測値で実測値ではありませんのでご注意を)。
こうなるともう使えないですね。「安物買いの銭失い」ということわざがあるが、まさしくそれです。
ジッポーの説明書に“純正オイルをご使用下さい”と書いているのはまんざら嘘ではないという事です。しかし、夏場なら使用も可能ではないでしょうか。

※注意 このインプレはダ○ソーを批判するものではありません。事実、私ははダ○ソーファンであり、ここには使える物がたくさんあると思っていますので。



コメント

前記事のカジカでかいですね~ DANJIさんは残念でした

ジッポーいいですよね 同じ物を使い続けるダンディズムを感じます(大げさかな?笑)私も禁煙するまでは使ってましたよ~

ダ○イソーオイルがあるのは知りませんでしたね
ふむふむ勉強になりました~
禁煙しましょう。
お身体のためにもv-219
気胸患者の私としてはe-263
第一歩として減らす事から初めて欲しいものですが・・・なかなかねぇ。
毎日8箱分の副流煙を吸い込んで、早14年。
私の肺がヨワヨワしかったんでしょうかね。
3度目以降は、今のところ大丈夫のようです。
健康第一!!
  • ほぉ

  • 12月 26 2006
    • 2006/12/26(火) 01:18:54
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 浅賀 貴史 #-
勉強になりました。
いつもCMいただいてありがとうございます!

カジカよりアブラコが釣りたかったんですが(釣れなかったくせによく言うねe-263)なかなか巡り逢えませんv-409デカアブの記事、早く載せたいです~

ジッポーですが、10年以上使ってる物が4つあり、写真のジッポーもその1つです。スターリングシルバーに憧れて、12年前思い切って買いました。

CMありがとう
出来ることならやめたいです。。。

それにしても、副流煙吸いすぎじゃないですか?家族だもの仕方ないでしょうけど・・・ それじゃ気胸にもなるね。ご家族さん、ちと考えてくれてもいいのにね。
今は大丈夫と聞いて少し安心してます。

謝謝はパクりました!(笑)
初めまして、履歴からお邪魔しました。
詳細なレポート、ありがとうございます~♪
思わず読ませて頂いちゃいまいた~♪♪♪

以前、純正以外のオイルで???と
感じた事がありました (;^◇^)>

自分も、スターリング、思い切って買ってから
愛用してます。
何度か落としちゃって、ちょっと傷が…。

でも、愛着湧いて来て、いいです~♪
たまに磨いたりして…d(^▽^)>

お邪魔しましたーw( ̄▽ ̄;)ノ

この度は当ブログにお立ち寄り頂き、CMまでしてくださりありがとうございましたe-420
お役立て頂けたなら幸いです。

わたしくしも買ってすぐアスファルトに落として、角が凹んでます^^A シルバーは柔らかいですからね。
しかし不思議と大事にしている物ほど、壊れたり無くなったりしますよね・・・ わたくしだけ?

またいらしてくださいね!
  • 12月 30 2006
    • 2006/12/30(土) 00:16:57
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 専貴史 #-
俺もジッポ復活させちゃいました(笑)
シャアの奴です。久々に使ってますが、やっぱり良いですわ。

更新頑張って下さい!

励ましのお言葉ありがとう!

ジオン軍シャア・アズナブルモデルのジッポーですね(笑)
「赤い彗星」ですから、当然ボディーは赤いメッキが施されている訳ですが、あれ確かメッキ剥げてきてましたよね。
悲しいけど、メッキデザインされたジッポーの宿命ですね。でも、大事に使ってるようで感心感心。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。