ロックフィッシュを釣る

アウトドア好きなアラフォーオヤジの 「遊び」 備忘録



渓流、山菜、登山必携!

menu rist







全タイトルを表示

HOME

presenter

DANJI

Author:DANJI
北海道 登別市在住

撮影機材歴
◆Nikkon COOLPIX E3100
(~H22.5)
◆RICHO Caplio R5
(~H21.12)
◆auW42K
(ブログ開設当初に使用)
◆auW53CA(EXILIM)
(~H23.11)
◆Canon EOS X3
(H21.12~)
◆PENTAX Optio H90
(H22.6~H24.7)
◆iPhone4s
(H23.11~)
◆RICOH GR DIGITALⅢ
(H24.8~)
◆iPhone6
(H26.9~)




タックル
◆メジャークラフト エアライツ AL-782PE
(2008/5~)
◆ダイワ インフィート VR-72ML
(2006/10~)
◆テンリュウ ロックアイ RE83SP-M
(2006/10~2010/12)
◆ダイコー スピア SR-74C
(2007/11~2010/12)
◆オフト ヒロイズム ピッチング/Hテキサス67B MH
(2010/4~)
◆ダイワ Cy2500
(2006/10~2008/4)
◆ダイワ レブロス2506
(2008/4~2010/4)
◆シマノ ナスキー2500S
(2010/4~)
◆シマノ ツインパワー2000
(1997頃~)
◆アブガルシア revoインショア
(2007/11~)

ライン
◆ファイヤーライン スモーク 18lb
◆ファイヤーライン クリスタル 16lb
◆サンラインベーシックフロロ 10lb
◆TORAYバウオスーパープレミアム 14lb
◆クレハ リバージR-18リミテッド 8lb

愛用ノット
◆PRノット

愛用リグ
◆ナツメ3/4/5号のテキサスリグ
◆ジグヘッド1.8/3.5/5/7g

愛用フック
◆FINA ナローゲイプ#1/0
◆FINA ワイドゲイプ#1/0
◆DECOY kgHOOK #2
◆DECOY DREAMHOOK #2


◆お問い合わせはこちらから

アクセスマップ


ジオターゲティング

TOTAL ACCESS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仲間5人で長万部岳に登った記録。

カメラの調子が悪く、マニュアルフォーカスでの撮影。ボツ画像ばかりでアップするにはお恥ずかしい写真ばかりだが、雰囲気だけでもと思い載せることにした。


道中も登山道も長かったな~。。。



国道5号線から、長万部インターチェンジ方面に右折。とりあえず二股温泉を目指す。

測定やってるので注意して!(爆)

夜勤明けなもんで眠くて眠くて・・ 途中で運転代わってもらう(爆)

二股温泉の看板を横目にさらに進むと登山道の看板が見える。林道を走ること数分で、ゲートに到着。ここから歩きだ。
アブやハチなど虫が多く、ドア開放のままでは危険。(笑)
入山ポストに記入後、虫に見送られ出発だ。

ゲートから林道を歩くこと何分だっただろうか・・かなり歩いた記憶しかないが(爆)
「うすゆき荘」に辿り着いた。
RIMG0087_20090810112948.jpg
この小屋は夏期閉鎖とのこと。
林道はここからも延びているが、相当昔から閉鎖されていた様子で、草木が生い茂っていた。
ここで虫と一緒に昼食を摂る。(笑)

この小屋から登り始めとなるが、5合目まではくねくねとした傾斜の穏やかな林道。

5合目はちょっとした広場があり、ログテーブルとイスが設置してある。
そして何故か頂上でよくみる鐘がある。

ここから勾配がきつくなり、本格的な登りとなる。
羊蹄山登頂後だと非常に楽な登り。ただクマが心配(汗)

だって、クマの糞あるんだもの(爆)

鈴だけが頼りだな。

昼食休憩なども含めて3時間の行程で山頂を踏んだ。
RIMG0094_20090810112948.jpg

RIMG0095_20090810112948.jpg
ガスはかかっていたが昼から晴れて、見晴らし最高!
噴火湾は一望できるし、もっと晴れた時の景色を見てみたいと思った。

帰りは二股温泉に浸かって、伊達のビックリドンキーに寄って帰った。


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。